Press "Enter" to skip to content

顧客管理を一元化していく方法

自社サイトをはじめ、ヤフーショッピングや楽天市場など、販売ルートを複数設けることは売り上げUPにとっては一つの手法となっています。それぞれのサイトにおける顧客管理、それに売上管理を行うことで、販売促進の技法を考えることができると思います。
ところが、この場合には、サイトごとに分散して管理されてしまいます。同じ顧客が購入する際には該当のサイトからであるとは限らず、幾つかのサイトからの購入になることがあります。そんな折に、サイトが別であるから、別に管理されるということになります。すなわち、自社サイトで購入、ヤフーショッピングで購入、楽天市場で、同じ顧客が購入したとしましょう。そうすると、それぞれの顧客管理システムで管理していたなら、その購入者には3つの商品案内メールないし店舗情報メールが届いているということが発生するのです。
通常は自社で管理せねばならないはずの顧客データが、ヤフーや楽天といった他社の管理に委ねられているというのも、どこか管理不足な部分があるような気がします。
そうすると、やはりそれぞれのサイトに備わっている機能を活用するほか、機能的ではないところに関しては自社で管理をするということが大事になってきます。顧客データについてはすべて一元管理へと移行していくことを検討していくのが、効率よく管理するのに適しています。
では実際にどうやっていくかというと、それぞれのサイトに備わっている顧客データを一元化するためのデータベースを準備します。そのデータペースを管理していくという方法がとれるようになります。考えようによっては、それぞれのサイトの顧客データは、バックアップとして活用できます。
データベースには、市販のものもあれば、新たに業務に即した開発をすることも可能です。しかしながら、データベース開発は時間も費用も相当かかることから、業務がよっぽどのオリジナルを要するものであるほかはおすすめするものではありません。
とりあえずは、無償で使うことができる顧客管理データベースを使ってみてはどうでしょうか。オーダーがあればそれをデータベース化していくことができ、ネット通販をも迅速な形で処理することができるようになります。さらには分析を可能とする機能があるものもあります。
無償で使えるデータベースソフトは機能に制限があることが多く、機能を追加していくのであれば有償にてデータベースソフトを使うほうが便利です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です