Press "Enter" to skip to content

顧客管理は迅速かつ正確に

以前、営業の仕事をしていたときのことです。
年々増え続ける顧客リストを、ファイルにしてまとめていても、なかなか追いつけずに処理できなくなっていました。
今は、パソコンで使える便利な顧客ツールがありますが、当時はそのようなものがなかったのです。
だから毎日、仕事にかかる前と終わった後には、必ず顧客リストをまとめる時間が必要でした。
そこで、仕事用の携帯を使い、重要度順に登録して分別するようにしていました。
自動車ディーラーの営業だったので、オイル交換時、車検時、定期点検時などに分けて、時期がきたらすぐに連絡できるようにしていたのです。
今使われている顧客ツールや、エクセルを使った分別化も、結局は同じことだと思います。
紙のファイルでは膨大な量になって、手に追えなくなります。
数ヶ月前から、顧客へのアプローチが必要な場合、気づいたらすでに期限が切れているという失敗にも繋がりかねません。
ですから、やはり人間の脳では把握しきれない情報を、携帯やパソコンを使って補うことが必要なのです。
今も10年前も、顧客管理とは結局、タイミングを逃さず、迅速に連絡できるようにするためのテクニックが肝心なのだと思います。
その後、ディーラーを退社してからも、営業職に就きました。
そのときも、会社から支給された携帯のみで顧客を管理していました。
このときは、店頭での販売がメインの仕事だったので、さらに徹底した管理が必要でした。
外回りの時間が少なく、1日に掴む顧客数が多かったので、とてもではないですが、自分の記憶だけでは対処できません。
さらにDMを頻繁に書いて送る作業も多くて、休日まで顧客管理に時間を割くこともありました。
この時期は、さすがに自宅のパソコンでエクセル管理をしていました。
自動車ディーラーとは違って、定着した顧客が存在しない仕事に変わったことで、かなり神経質に管理せざるを得なかったです。
その代わり、流動する顧客は、データを半永久的に保存しなくても良かったので、その点では楽にこなせていました。
新規、電話連絡のみ、DM送付のみ、どちらも必要な客という分別の方法で、大体は携帯だけで管理していましたが、最終的にはパソコンも併用するほうが楽になりました。
今後はもう、営業職に就くことはありません。
でも、顧客管理の迅速、正確の重要性は、これからも変わらないと思います。
どんどん新しく登場する顧客管理ツールを駆使して、携帯やパソコンで、より便利に管理できることを願っています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です