Press "Enter" to skip to content

情報の集積化でより便利になるICカード

日常生活では、カードがよく使われます。商店のメンバーズカードから銀行のキャッシュカードに至るまで、幅広い分野でカードが活躍しています。カードに重要な情報が盛り込まれることによって、本人の確認を行うことができ、カードの利便性を受けることができます。こうしたカードは、今では一人で何枚も所有することが当たり前の世の中になっています。しかし、従来のバーコードや磁気記録式のカードには、記録することができる情報量に限界がありました。また記録面が広く、カードが傷つくことによってカードの情報も損なわれる恐れがあります。カードが世の中でより必要とされていく中、カードの機能の改善が求められます。こうして新たに作り出されたのが、ICカードです。
このカードは、内部に集積回路を内蔵することによって、従来のバーコードや磁気記録式に比べて遥かに多くの情報を扱う事が出来るようになりました。カードで扱える情報量が飛躍的に多くなったことで、カードを介して利用者に提供できるサービスの内容も豊富になります。
また、ICを情報の記録媒体として扱う事によって、カードの破損により情報を損なう事が少なくなりました。ICはごく小さな部品であり、それをカードの内部に埋め込みます。そのため、IC部分に損傷がなければ、カードに盛り込まれている情報が損傷するようなこともありません。そのため、いざという時にカードが使えないというような事態も、できるだけ避ける事が出来ます。
加えて、ICカードには記録の保存だけでなく処理も可能にします。カードにメモリと共に情報を処理するための演算装置を組み込む事によって、カード内部での情報の処理ができるようになりました。カード内部での情報処理が可能になったことで、暗号化などの高度な情報処理をカード単体で行えるようになりました。
このような処理能力は、カードのセキュリティを高める上で非常に有効なものです。現在では、電子マネーなどの新しい決済方法が登場しています。金融の世界が次々と新しいサービスをユーザーに提供している中、ICカードは、そうした多様化するサービスを支える重要なアイテムです。これからは多くのカードがIC化していくことによって、これまでの制限を取り払って、より便利で使い勝手が良いサービスが消費者に提供されていきます。安全で多機能な性能を持ったカードが、世の中を劇的に変えていく可能性を秘めています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です