Press "Enter" to skip to content

中小企業に必要な顧客管理とは

顧客管理の重要性は、現実社会でビジネスに関わっている人間なら、誰もが肌身にしみて理解していると思います。
通常、顧客管理の範疇として考えられる物は、「どこの、誰が、いつ、何を、何個購入したか」と言ったものでしょう。
顧客管理データに付け加えるなら、購入者の性別や年齢、家族関係なども必要かもしれません。
いずれにせよ、この様なデータを元に、顧客満足度の向上や新しい営業活動に役立てる目的で、顧客管理は行われる事になります。

顧客管理の成功例として、よく上げられるものにファーストフードの大手チェーンがあります。
例えば、子ども用のメニューを良く購入していた顧客に対しては、休日に使用できるファミリー向けの割引クーポンを送付し、コーヒーや朝食などの軽食を利用していた顧客に対しては、無料コーヒーや朝食の割引クーポンを送付したのです。
それまでの、ファーストフード業界の販売促進方法としては、新聞の折り込みチラシ等で、大量に画一的な割引クーポンを配布する事が常だった為に、この販促手法は大きな評判を呼びました。
そして想像通りですが、大多数の一般消費者にも好意的に受け止められたのです。

顧客管理と言えば、情報化の進んだビジネスの世界では、既に当たり前の物となっているだけに、「すでに自社では行っているよ」と言った、油断の様な物があるのではないでしょうか。
しかし顧客データを収集するだけの、顧客管理にとっては「手段」に過ぎない部分が、目的にすり替わっている様な企業も少なくはない様です。
顧客管理で重要な事は顧客データを収集し、「そのデータを用いて何を行うか」と言う点にあるのではないでしょうか。

また、中小企業で行う顧客管理に関しては、「その様な大規模なシステム投資を行う予算も無い」と言う話も良く聞きます。
確かに日本人のほとんどが利用をした事がある様な、大手ファーストフードチェーンの顧客管理なら大規模なシステム投資が必要です。
しかし、ほとんどの中小企業の場合、顧客数は幾ら位の単位になるでしょうか。
近年のパーソナルコンピュータの性能向上により、個人用との表計算ソフトでさえ、10万件や100万件のデータを扱う事ができる時代です。
また表計算ソフトではなく、データーベースソフトを利用すると、この処理件数と処理速度、信頼性はさらに向上します。
この様に考えると、前述の大手ファーストフードチェーンの成功事例は、中小企業にこそ模倣してもらいたい、成功事例だと言えます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です